見直し実践に際して

テレビなど各メディアを通じて配信される保険見直しのメリットとして、保険料が下がった、お得感を実感出来たなど、目先の金銭面のメリットが強調されている感が否めず、これから実社会にデビューされる多くの方々の深層心理にも擦り込まれていないとは限りません。幾分の緊張感を伴って保険代理店の窓口を訪ね、保険見直し作業を終えた結果、ベストマッチと提案されたプランの月額保険料がこれまでより増額となるケースも十分想定されます。こうした場面で皆様にぜひ踏まえておいていただきたいのが、単純に「話が違う」「ちっとも得していない」的な感情を抱かぬ冷静な姿勢です。

保険が担う本来の役割は、必要十分な保障の確保です。保険の見直しはこの着地点に対し、現時点の契約内容が果たしてどれだけピントがズレているのかを見定め、修正する作業であり、結果保障内容が寄り幅広く保険金額がアップすれば、自ずと負担すべき保険料も増額となります。この経済社会に於ける基本中の基本のシステムを学ぶ上でも、保険見直しをより早い段階で経験しておく価値は十分以上です。

一時的に疑問や不安を覚えたのであれば、臆せず納得理解出来るまで、質疑応答を重ねてください。担当者もかつて皆さんと同じく、実社会の扉を開く時期を過ごされたプロフェッショナルです。皆さんの視点に立った表現を用い、丁寧に説明を届けてくれますので、しっかり傾聴から保険という金融商品の特性を最終的に理解出来たのであれば、それだけでも足を運んだ価値は十分以上です。

ライフプランを見据えて

就職に際しての保険見直し作業と言われても、果たして何をどう着手すれば良いのか皆目見当がつかずとも、決して恥じる必要はありません。来店型の保険代理店を訪ねれば、担当者が皆さんの目線に合わせての分かりやすい説明やアドバイスを届けてくれますので、肩肘張らずに実社会勉強の1つとして、ぜひ早い時期に体験される事をお薦めします。ちなみに基本的な予知知識として、ご自身が被保険者で契約中の保険証券は必ず持参してください。そこに表記されている内容に関しても、細やかな説明が受けられるので不安は無用です。

また見直し作業は皆さんからのヒアリングに基づき、保険のプロフェッショナルがその場で皆さんの現在から未来を推察想定の上、近未来に至るまでのベストマッチと思われる契約プランを提案してもらえます。確証は無くとも、ご自身がその時点で描く自身の未来像を明確に伝えられるよう、ある程度の準備を頭の中で構築しておきましょう。結婚は何歳ぐらい、ローンを組んでマイホームを購入したいのか賃貸物件暮らしが希望なのか、現在の職場で一生勤め上げるつもりなのか、あるいは将来的な独立を視野に入れているのかなど、人生のターニングポイントに関してのビジョンを見据え、それを担当者にそのまま明確に伝える姿勢が求められます

経済的独立を機に

就職イコール経済的な独立を意味しています。勿論保護者からの色々な形での援助を恥じたり遠慮する必要もありませんし、ご自宅住まいが変わらぬのであれば、単に自由に使えるお小遣いが一気に増えた感覚を覚えられるかも知れず、それはあくまで人それぞれです。ですが学校を卒業され、社会人デビューされた全ての方々に共通する大きな変化として、ご自身をとりまく環境と、それに伴う万一の保障の見直し、すなわち保険の見直し作業がスルー出来ません。

社会人として歩み出される人生のその先には、結婚して家庭を構える、離れた場所から齢を重ねられるご両親を今度は見守る立場になるなど、これまでとは大きく自身が置かれる環境と責任に変化が生じます。特に一家の大黒柱すなわち稼ぎ手となる男性諸氏であれば、自身に万一があれば、残されたご家族が経済社会を生き延びる上で必要不可欠な収入が途切れるのみならず、医療費などの更なる負担が重くのしかかれば一大時どころではありません。保険の見直しとは単に保険料の抑制効果やお得感を求める行為ではなく、皆さんの未確定な未来にマッチした、有事に一時的に必要な保障すなわち「保険金」が約束される環境の構築作業なのです。

就職時に保険見直しを

いよいよ学生時代に手を振り、社会人として経済的に独立するに際しては、ご両親がご自身のために加入しておいてくれた保険契約の見直し作業が欠かせません。ですが子供から学生時代に日常保険契約の存在は意識の外側で不思議ではなく、多くのご両親も他の諸々への対応に追われ、我が子の保険契約の存在がお留守になる傾向が否めません。例えば就職から自宅を離れ、社員寮入寮や部屋を借りての新生活を始めた人達が、そうした連絡先や住居変更連絡を忘れてしまっているケースは数え切れません。これでは万一に際し、保険金の支払いその他の場面に際し、スムーズなた王に問題が生じないとも限らず、保険証券の確認からの保険会社への居住先変更通知が欠かせません。

そしてこうした作業と同等、あるいはそれ以上と捉えておくべきなのが、こうした就職時の保険見直し作業です。就職すれば大半の方々は自身で保険料を負担する事となり、親元を離れての新生活に際しては、万一の際に必要となる保障内容や金額も変化が生じて当然ですが、まだまだ実社会デビュー直後の若い世代の方々には、具体的なイメージが描けずして当然です。

生活環境が大きく変化を見せ、忙しい毎日の中で時間を捻出するのは大変とは思いますが、ぜひ社会人としての自己管理の第一歩として、ご自身主導での保険の見直しに取り組まれる事を強くお薦めします。ここでは敢えて新社会人となられる若い方々に向け、保険契約なる存在の重要性と基礎知識をお話しします。保護者である皆様にもご一読から、必要に応じて助言あるいは対応いただければ幸いです。