就職時に保険見直しを

いよいよ学生時代に手を振り、社会人として経済的に独立するに際しては、ご両親がご自身のために加入しておいてくれた保険契約の見直し作業が欠かせません。ですが子供から学生時代に日常保険契約の存在は意識の外側で不思議ではなく、多くのご両親も他の諸々への対応に追われ、我が子の保険契約の存在がお留守になる傾向が否めません。例えば就職から自宅を離れ、社員寮入寮や部屋を借りての新生活を始めた人達が、そうした連絡先や住居変更連絡を忘れてしまっているケースは数え切れません。これでは万一に際し、保険金の支払いその他の場面に際し、スムーズなた王に問題が生じないとも限らず、保険証券の確認からの保険会社への居住先変更通知が欠かせません。

そしてこうした作業と同等、あるいはそれ以上と捉えておくべきなのが、こうした就職時の保険見直し作業です。就職すれば大半の方々は自身で保険料を負担する事となり、親元を離れての新生活に際しては、万一の際に必要となる保障内容や金額も変化が生じて当然ですが、まだまだ実社会デビュー直後の若い世代の方々には、具体的なイメージが描けずして当然です。

生活環境が大きく変化を見せ、忙しい毎日の中で時間を捻出するのは大変とは思いますが、ぜひ社会人としての自己管理の第一歩として、ご自身主導での保険の見直しに取り組まれる事を強くお薦めします。ここでは敢えて新社会人となられる若い方々に向け、保険契約なる存在の重要性と基礎知識をお話しします。保護者である皆様にもご一読から、必要に応じて助言あるいは対応いただければ幸いです。

Published by