ライフプランを見据えて

就職に際しての保険見直し作業と言われても、果たして何をどう着手すれば良いのか皆目見当がつかずとも、決して恥じる必要はありません。来店型の保険代理店を訪ねれば、担当者が皆さんの目線に合わせての分かりやすい説明やアドバイスを届けてくれますので、肩肘張らずに実社会勉強の1つとして、ぜひ早い時期に体験される事をお薦めします。ちなみに基本的な予知知識として、ご自身が被保険者で契約中の保険証券は必ず持参してください。そこに表記されている内容に関しても、細やかな説明が受けられるので不安は無用です。

また見直し作業は皆さんからのヒアリングに基づき、保険のプロフェッショナルがその場で皆さんの現在から未来を推察想定の上、近未来に至るまでのベストマッチと思われる契約プランを提案してもらえます。確証は無くとも、ご自身がその時点で描く自身の未来像を明確に伝えられるよう、ある程度の準備を頭の中で構築しておきましょう。結婚は何歳ぐらい、ローンを組んでマイホームを購入したいのか賃貸物件暮らしが希望なのか、現在の職場で一生勤め上げるつもりなのか、あるいは将来的な独立を視野に入れているのかなど、人生のターニングポイントに関してのビジョンを見据え、それを担当者にそのまま明確に伝える姿勢が求められます

Published by