見直し実践に際して

テレビなど各メディアを通じて配信される保険見直しのメリットとして、保険料が下がった、お得感を実感出来たなど、目先の金銭面のメリットが強調されている感が否めず、これから実社会にデビューされる多くの方々の深層心理にも擦り込まれていないとは限りません。幾分の緊張感を伴って保険代理店の窓口を訪ね、保険見直し作業を終えた結果、ベストマッチと提案されたプランの月額保険料がこれまでより増額となるケースも十分想定されます。こうした場面で皆様にぜひ踏まえておいていただきたいのが、単純に「話が違う」「ちっとも得していない」的な感情を抱かぬ冷静な姿勢です。

保険が担う本来の役割は、必要十分な保障の確保です。保険の見直しはこの着地点に対し、現時点の契約内容が果たしてどれだけピントがズレているのかを見定め、修正する作業であり、結果保障内容が寄り幅広く保険金額がアップすれば、自ずと負担すべき保険料も増額となります。この経済社会に於ける基本中の基本のシステムを学ぶ上でも、保険見直しをより早い段階で経験しておく価値は十分以上です。

一時的に疑問や不安を覚えたのであれば、臆せず納得理解出来るまで、質疑応答を重ねてください。担当者もかつて皆さんと同じく、実社会の扉を開く時期を過ごされたプロフェッショナルです。皆さんの視点に立った表現を用い、丁寧に説明を届けてくれますので、しっかり傾聴から保険という金融商品の特性を最終的に理解出来たのであれば、それだけでも足を運んだ価値は十分以上です。

Published by